男性に便秘が多い理由

便秘と言えばピンクの小粒を想像する方も多いと思いますが、薬の常用はお勧めできません。浣腸も同様で、常用すると腸の機能に悪影響を及ぼす為、腸の自然な動きで自然なお通じが可能となるようにあらゆる点で改善が必要となります。便秘の原因の多くは、食生活の変化によると言われています。同時に大腸がんが増えたのも同じ理由で、肉食中心で野菜不足によるものと言われています。便秘に悩む人の数は、だいたい10人に一人と言われていますが、お通じがあるからと言って便秘ではないとは言い切れないのです。腸内に残留物があれば、やはりそれは便秘と言えるのです。

食生活が原因での便秘という点では、女性は比較的な好んで野菜を食べますので、男性の方がより深刻と言えるでしょう。実際男性の便秘は近年急増しており、一度トイレに入ると長時間出てこないため、家族からも批判の声が上がります。長時間排便に時間をかけるということは、肛門に負担がかかるため、痔になる確率が高くなります。また便が固いため酷いケースでは便器が詰まるなど、健康被害のみならず日常生活にも被害が及ぶケースもあるのです。排便後も残良感があるようでは重症ですので医師に相談する事をお勧めします。 一方女性の便秘は骨格的な問題が多く、便が溜まりやすいと言われています。排便時腹筋などの筋肉が弱いと便秘になりやすいのですが、女性の便秘は腹筋を鍛えることで解消されるケースも多いのです。この様に男女によっても便秘の理由が異なりますので、その改善策も異なることは言うまでもありません。

このサイトでは便秘の危険性とその治療法、特別な便秘について紹介していきます。今後の健康生活を考える上で貴重な情報となれば幸いです。